福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「トラブル続き遺憾」と副知事 福井県、原因究明を要請

  • 2016年3月1日
  • 08:47
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)で原子炉が緊急停止したトラブルを受け、福井県の杉本達治副知事は29日、関電の豊松秀己原子力事業本部長に対し「高浜4号機でトラブルが続いていることは大変遺憾」と述べ、早急に原因究明と再発防止策を報告するよう求めた。

 同日午後4時15分すぎ、県庁と現地をつないだテレビ会議で要請した。県によると、豊松本部長は「今回のトラブルについて慎重かつ速やかに調査計画を立て、調査結果を報告する。もう一度気を引き締めて点検したい」と答えたという。

 この日、安全協定に基づき関電から第1報を受けた県原子力安全対策課は騒然とした雰囲気で、情報収集に追われた。発電・送電作業に立ち会うため派遣していた職員に加え、急きょ参事級1人も現地に向かった。

 県庁では野路博之課長らが2度にわたり記者会見。再稼働の準備工程で起きた1次冷却水の漏えいに続くトラブルで「慎重に進めるよう要請していたが、原因と対策を十分確認しなければならない」と厳しい口調で語った。原子力規制委員会の対応も確認する考えを示した。

 周辺環境への影響については、放射能を測定するモニタリングの監視結果から「影響はない」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース