福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福島事故題材の映画を福井で上映 大震災から節目の5年に合わせ

  • 2016年2月29日
  • 11:03
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 東京電力福島第1原発事故を題材としたドキュメンタリー映画「ナオトひとりっきり」の上映会が28日、福井市のアオッサであった。

 事故から5年の節目に合わせ、県内の映画愛好家でつくる「福井映画サークル」の有志が企画した。「ナオトひとりっきり」は、父親が福井出身の映画監督・中村真夕さんの作品で、避難区域の福島県富岡町に取り残された家畜の世話などを続ける男性の姿を描いている。

 午前、午後の2回上映で、午前の部は約30人が観賞した。上映後には感想を共有し合おうと、参加者はそれぞれの思いを付せんに書き込んで会場のホワイトボードに掲示した。「福島を忘れない」「原発はいらない」などさまざまな意見があった。

 3月6日午後2時からは、同市のガレリア元町商店街にあるコワーキングスペース「sankaku(さんかく)」で「首相官邸の前で」を上映する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース