福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

日馬富士関仲介救急車モンゴルへ 4台目、鯖江・丹生消防で贈呈式

  • 2016年2月28日
  • 07:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
モンゴルの病院へ贈る救急車と仲介役を務めた日馬富士関(右)=27日、福井県鯖江・丹生消防組合消防本部
モンゴルの病院へ贈る救急車と仲介役を務めた日馬富士関(右)=27日、福井県鯖江・丹生消防組合消防本部

 福井県鯖江・丹生消防組合は、救急車1台をモンゴルの病院へ贈ることを決め27日、同組合消防本部で贈呈式を開いた。大相撲の横綱日馬富士関(同国出身)が2013年から仲介役を務め4台目。式に出席した日馬富士関は一日消防署長も務めた。

 救急車寄贈の要請を受け、今月更新した2001年式で走行距離約8万4千キロの1台を贈ることにした。酸素吸入器や、血圧などが測定できるモニターを備えている。同国アルハンガイ県の県中央病院で使われる。

 贈呈式で牧野百男市長は「救急車がモンゴルの大地を駆け巡り、少しでも医療に貢献できたら」とあいさつ。日馬富士関は「温かい心遣いに感謝。多くの人の命を救うことができたらうれしい」と述べた。

 同組合の委嘱を受け、一日消防署長を務めた日馬富士関は、同組合消防本部で行われた消防訓練の指揮をとり、集まった市民に「火の元に気をつけて」と呼び掛けた。

 日馬富士関は06年に交通事故で父親を亡くし「装備が整った救急車を増やして命を救いたい」と日本の救急車両を母国に贈る仲介役を務めている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース