福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発避難者97人追加提訴、新潟 計807人で全国最大規模に

  • 2016年2月25日
  • 08:30
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から新潟県に避難した被災者が国と東電に損害賠償を求めている訴訟で、30世帯97人が24日、新潟地裁に追加提訴した。

 原告弁護団によると、原告は239世帯807人、請求額は計88億7700万円となり、原発避難者の損害賠償訴訟では、原告約730人の山形地裁を上回り全国最大規模となった。原告は避難生活を強いられたことへの慰謝料として、1人当たり1100万円を求めている。

 また同日、新潟地裁で開かれた弁論で原告側は、東電が2008年に内部で作成した福島第1原発の津波予測の報告書も証拠提出し「津波によって電源設備が水没し、全電源喪失事故が起きうることを予測できた」と主張した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース