福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

1次冷却水漏れは弁のボルト緩み原因 高浜4号機トラブルで関電発表

  • 2016年2月23日
  • 08:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
高浜原発4号機の冷却水漏れ
高浜原発4号機の冷却水漏れ

 関西電力は22日、定期検査中の高浜原発4号機で放射能を含む1次冷却水が漏れたトラブルについて、放射性物質を含む不純物を取り除く装置の配管に取り付けた弁のボルトの締め付けが緩く、すき間から漏れたと発表した。

 トラブルは20日、4号機の原子炉補助建屋内で核分裂反応を抑えるホウ素濃度を調整する系統に水を通した際、警報が鳴った。配管が通る部屋の床に水たまりができるなど、微量の放射性物質を含む水約34リットルが漏れた。

 関電によると、弁はボルト4本で取り付けており、そのうち1本の締め付けが緩かった。この弁のボルトは2009年1月の定期検査以降、締め付けを確認していないという。今回、4号機の同種の弁約80カ所のボルトの締め付けをチェックし、問題がないことを確認した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース