福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

4月中の避難解除住民反対相次ぐ 福島県南相馬市で国が説明会

  • 2016年2月21日
  • 09:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 政府の原子力災害現地対策本部は20日、福島県南相馬市で住民説明会を開き、原発事故で同市の帰還困難区域以外の地域に出ている避難指示を4月中に解除したい考えを伝えた。住民からは「時期尚早」など反対意見が相次ぎ、桜井勝延市長は終了後、「4月中の解除は難しいと感じた」と話した。

 桜井市長はさらに、市が解除の条件としている国の除染完了を確認した上で、4月下旬以降に再度、説明会を開くと表明。「それまでには市としての解除時期の考え方を示したい」と述べた。

 この日の説明会には約350人が出席。対策本部は、避難区域内の住宅周辺の除染が3月までに終了し、商店や医療施設が再開するなど生活環境が整備され、4月中の解除が可能と説明した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース