福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

凍土壁遮水の凍結完了まで8カ月 東電見通し、年度内完了不可能に

  • 2016年2月16日
  • 10:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 東京電力は15日、福島第1原発の汚染水対策「凍土遮水壁」について、凍結開始から完了まで約8カ月かかるとの見通しを示した。同日開かれた原子力規制委員会の廃炉に関する検討会合で説明した。凍結の開始時期は決まっておらず、政府と東電が目指していた2015年度中の凍結完了は不可能になった。

 東電は具体的な作業手順として、建屋海側(東側)を先に凍結させ、その後、山側(西側)を段階的に凍らせると説明した。従来は山側から凍結させる計画だった。

 この日の会合で規制委は海側の先行凍結に理解を示した。凍結開始には実施計画の認可が必要で、東電は申請手続きを急ぐ。認可は早くても3月以降になる見通し。

 凍土壁は、建屋に入り込む地下水を減らして汚染水の増加を抑えるのが目的。しかし建屋周囲の地下水位が下がりすぎると、建屋内の汚染水の水位と逆転し、汚染水が地中に漏れ出す恐れがある。海側の先行凍結はこのリスクを回避するためのもので、規制委の指摘を受け入れた形だ。凍土壁は建屋手前で地下水をくみ上げ海に流す「地下水バイパス」などとともに汚染水対策の柱に位置付けられている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース