福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「悪い子はいねえかぁ」 福井県でも「なまはげ」

  • 2016年2月15日
  • 07:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
なまはげへの恐怖でおびえる子どもたち=14日、福井市北四ツ居2丁目
なまはげへの恐怖でおびえる子どもたち=14日、福井市北四ツ居2丁目

 鬼に扮(ふん)した住民が子どもたちを脅し、健やかな成長を願う催し「なまはげ」が14日、福井県福井市北四ツ居1、2丁目で行われた。「悪い子はいねえかぁ」「仲良くできるかぁ」とうなり声を上げる鬼に、子どもたちは涙を浮かべ「いい子になる」と約束した。

 秋田県男鹿地方に伝わる「なまはげ」を模した行事で、同区では1980年代まで行われていたが、いつの間にか途絶えていた。地域活性化を図ろうと北四ツ居自治会壮年会青年部が2003年に復活させ、毎年行っている。

 この日は、青年部や青年会のメンバー5人が、赤や緑の面をかぶり、黄色やピンク、オレンジのビニールテープで作ったみのをまとい、鬼に変身。太鼓をたたき、幼児や児童がいる10軒を回った。

 鬼の突然の襲来に、子どもたちは「悪い子じゃありません」と逃げ回ったり、泣きだしたりした。鯖江市から参加した安達優花ちゃん(6)は「怖かった。食べるときはちゃんと座るって約束した」と涙目で振り返った。永森聡さん(37)宅では、千乃ちゃん(8)彩智ちゃん(4)姉妹が「仲良くできるか」と鬼が迫ると、神妙な面持ちでうなずき約束していた。

 壮年会の山中利美さん(56)は「大事にしていることは、子どもたちをただ驚かせるのではなく、しっかり約束すること。良識ある大人に育ってほしい」と話す。「なまはげを経験した子どもたちが大人になって鬼役になり、行事を継承してくれればうれしい」と話していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース