福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

核燃料再処理見直し法案を閣議決定 新法人へ実施主体移管

  • 2016年2月5日
  • 17:45
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 政府は5日、原発の使用済み核燃料再処理事業の新たな実施主体となる認可法人を設置するため、関連法の改正案を閣議決定した。電力会社に資金拠出を義務付け、4月の電力小売り全面自由化後も核燃料サイクル政策の要である再処理事業を確実に継続できるようにするのが目的。今国会での成立を目指す。

 ただ新設の認可法人は事業管理が中心で、原子炉等規制法の対象に入らない。このため原子力規制委員会などには「規制枠外の新法人のもとで安全が保てるのか」と不安視する声もある。

 新たな枠組みでは、認可法人が再処理の事業主体となり、日本原燃(青森県六ケ所村)に作業を委託する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース