福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井新聞

ふげん部材で劣化研究、成果報告 原子力機構、腐食割れ対策で効果

 日本原子力研究開発機構は2013年3月7日、原発の高経年化(老朽化)対策に関する調査研究会を福井県敦賀市・・・

点検不備問題でもんじゅ検査延長 規制庁、再発防止策状況も確認

もんじゅの保安検査の方針について述べる原子力規制庁の森田地域原子力安全統括管理官(左)=2013年3月4日、福・・・

活断層問題、原発懇談会で不満続出 敦賀、報告書案「慎重審査を」

敦賀原発の活断層問題について原子力規制庁(手前)の説明を受け、質疑した敦賀市原子力発電所懇談会=2013年2月・・・

核のごみ、受益と負担の均衡課題 原発の行方・第5章(18)

六ケ所村の貯蔵施設に搬入される高レベル放射性廃棄物(左)、1996年の3県知事提言(右上)、エネルギー政策をめ・・・

溶けた燃料、難航必至の福島廃炉 原発の行方・第5章(17)

複数の原子炉で炉心溶融を起こし、世界でも例のない困難が予想される福島第1原発の廃炉。手前から同原発4、3、2、・・・

廃炉解体物、処分地の見通しなし 原発の行方・第5章(16)

解体された後、タービン建屋内に仮置きされている弁や配管などの廃棄物=2013年1月23日、福井県敦賀市明神町の・・・

高速増殖炉もんじゅで廃棄物減量 原発の行方・第5章(15)

高レベル放射性廃棄物の減量研究に重点を置く方針が示されている高速増殖炉「もんじゅ」=2012年5月、福井県敦賀・・・

中間貯蔵施設誘致を反対派が提言 原発の行方・第5章(14)

中間貯蔵施設の誘致を提言した松下照幸さん(左)と誘致に前向きな山口治太郎町長(写真は美浜原発をバックにしたコラ・・・

中間貯蔵施設の立地実現むつだけ 原発の行方・第5章(13)

2013年10月の事業開始を目指し建設が進む使用済み核燃料の中間貯蔵施設。夕方には照明を付けて工事をしていた=・・・

原発差し止め訴訟、口頭弁論始まる 大飯再稼働めぐり福井地裁で

大飯原発運転差し止め訴訟の第1回口頭弁論に臨む原告・弁護団(左)と関電側代理人(右)=2013年2月15日午前・・・

福井の使用済み燃料、容量限界へ 原発の行方・第5章(12)

高浜原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プール。再稼働すれば関電の3原発は7年でプールが満杯になる=2013年2月 ・・・

多大な恩恵、最終処分に容認論も 原発の行方・第5章(11)

核燃料サイクル施設の立地による電源3法交付金や税収で財政が支えられる青森県六ケ所村の役場=2013年1月18日・・・

六ケ所村、処分地化の不安根強く 原発の行方・第5章(10)

「高レベル放射性廃棄物の最終処分地にされるという不安の声は常にある」と語る青森県六ケ所村の古川健治村長=201・・・

再処理稼働遅れ受け入れ余地なし 原発の行方・第5章(9)

全国の原発から使用済み核燃料が運び込まれた再処理工場の貯蔵プール。再処理が進まないまま、ほぼ満杯になっている=・・・

最終処分場建設地探しの公募限界 原発の行方・第5章(8)

高レベル放射性廃棄物処分場建設地の選定手順  高レベル放射性廃棄物を地下深く埋める最終処分場の建設地を探すた・・・

地震、火山…地下深く埋設安全か 原発の行方・第5章(7)

深度300メートル地点に水平方向に延びる研究用の坑道。地下水の流れなどを研究している=1月25日、岐阜県瑞浪市・・・

原発緊急区域30キロ圏に福井慎重 原子力防災で隣接府県が部会設置へ

 原子力防災対策の重点区域が拡大されるのに伴い福井県と隣接する滋賀、京都、岐阜の4府県でつくる広域協議会の・・・

日本学術会議が地層処分転換提言 原発の行方・第5章(6)

英仏両国から返還されたガラス固化体を貯蔵している高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター。最終処分地は決まっていな・・・

規制機関をフィンランド国民信頼 原発の行方・第5章(5)

フィンランドで原子力施設の安全規制に当たり、高い独立性を持つ「放射線・原子力安全センター(STUK)」=1月1・・・

敦賀原発の断層報告に原電が反論 規制委にあらためて見解提出

 日本原電は2013年2月5日、敦賀原発(福井県敦賀市)敷地内の破砕帯(断層)は「活断層の可能性が高い」と・・・